普通魔法レベル試験(通称「ふくろう試験」)とは

投稿日:

普通魔法レベル試験(通称「ふくろう試験」)とは、ホグワーツ魔法魔術学校の5年生が受ける学期末試験のこと。

ハリーポッターと不死鳥の騎士団でもハリーたちが、アンブリッジの下で受けていた試験がそれにあたる。

試験は特定の科目における学生の能力を判定するための一連の試験であり、各科目で筆記と実技の試験があり、上級の魔法技術を習得できる能力があるかを判断する目安にもなる。

試験が完了すると、各科目に6段階ある判定のうち1つが割り当てられる。

合格判定は「大いによろしい」「期待以上」「まあまあ」の3つで、不合格判定は「よくない」「どん底」「トロール」の3つとなっている。

この判定により、その科目で「イモリ」レベルの強化学習に進めるかどうかも決まる。ホグワーツでの未来、あるいは卒業後の運命もこの試験にかかっているといっても過言はないほど、重要な試験といえる.

-キーワード

Copyright© Wizards Press , 2019 All Rights Reserved.