【ホグワーツミステリー】2年目 - 第2章の攻略ガイド

更新日:

こちらでは「ハリーポッター:ホグワーツミステリー」の2年目第2章について紹介していきます。

あらすじ:行方不明となった友人を探すために先生や監督生、ローワンの力を借り、呪文の授業を受けたり精進する日々。

お知らせ

この章は「グリフィンドール」「レイブンクロー」「ハッフルパフ」「スリザリン」の各寮によって登場人物やストーリーが多少異なります。各寮のシナリオを確認し次第、随時更新していきます。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

2年目 - 第2章:攻略

ローワンが何か作戦を思いついたようなので、自分が所属している寮の談話室に向かいローワンと会話をする。(クールタイム1時間

ローワンとの会話中の返事とポイントは以下の通り。

ローワンへの返事 もらえる属性ポイント
うん。すごいと思う 勇気+5
危険だと思う 共感+5
そのアイデアは正気じゃない 知識+5

 

「グリフィンドール」「ハッフルパフ」の場合はスリザリンの談話室に向かう。「レイブンクロー」「スリザリン」の場合はグリフィンドールの談話室に向かう。(クールタイム3時間

スリザリンの監督生「フェリックス」と会話。会話中の返事とポイントは以下の通り。

フェリックスへの返事 もらえる属性ポイント
騙す(共感9以上) 共感+10
騙さない 共感+5

 

「レデュシオ」を習いに呪文学の教室に行く。※このときまでレデュシオは学ぶことができない。またレデュシオは授業一覧から学んでもOK

呪文学の教室に入った後、フリットウィック先生と会話をする。

会話中の返事とポイントは以下の通り。

先生への返事 もらえる属性ポイント
はい(知識10以上) 知識+10
いいえ 勇気+5

授業「レデュシオを習う」が開始される。授業についての詳細は以下で紹介。

 

ローワンと話をしに大広間に向かう。会話後「ローワンと話す」が開始される(150コイン必要)

ポイントは安心させる言葉を選択する。

//大丈夫、絶対見つけられる・心配なだけだよ、皆心配してる・探し続けよう・できることはすべてやろう,

「ローワンと話す」が終了後、ローワンと引き続き会話をする。会話中の返事とポイントは以下の通り。

ローワンへの返事 もらえる属性ポイント
約束できる 共感+5
約束できない 知識+5

 

2年目第2章はこれで終了!ベンの行方を探すべく、いろいろ作戦を計画していくが、ローワンが少し心配気味…不安が的中しないといいが。次は開始早々8時間のクールタイムが必要なので休みをいれてはいかがでしょうか!

クリア報酬:150コイン,300経験値

必須授業

この章では必須授業があります。必須授業はクリアしないと次の章には進めないのでクールタイムなどの空き時間に進めておくといいでしょう。以下まとめ。

呪文学の授業

必要な☆の数は7つのため、「1時間の授業を4回」または「3時間の授業を3回」または「8時間の授業を2回」受ける必要があります。(組み合わせ可)

「レデュシオ」は☆7つ必要なので、オススメは「8時間の授業」と「5時間の授業

1回あたりの消費エネルギー:
1時間の授業=約30エネルギー
3時間の授業=約45エネルギー
8時間の授業=約85エネルギー

レデュシオ

呪文学の教室に向かう。先生と会話後すぐに授業が始まる。※「フェリックス」or「アンジェリカ」との会話をするまでは好きなタイミングで受講できません。

消費目安エネルギー:50

(1)いつもと同様に光っているものをタップして進めていく。1つ目の☆に到達し、タスク(質問:解答は「両方」)を成功させると「共感+10」が獲得できる。

(2)(1)同様に光っているものをタップして進めていく。2つ目の☆に到達し、タスク(集中する)を成功させると「共感+10」が獲得できる。

(3)(1,2)同様に光っているものをタップして進めていく。3つ目の☆に到達し、タスク(集中する)を成功させると「共感+10」が獲得できる。

(4)(1,2,3)同様に光っているものをタップして進めていく。4つ目の☆に到達し、タスク(DEMONSTRATE)を成功させると「共感+10」が獲得できる。

(5)(1,2,3,4)同様に光っているものをタップして進めていく。5つ目の☆に到達し、タスク(CAST REDUCIO)を成功させると「共感+10」が獲得できる。

クリア報酬:共感+25,寮ポイント+5,5ジェム

-ホグワーツミステリー

Copyright© Wizards Press , 2019 All Rights Reserved.