【ホグワーツミステリー】5年目 - 第28章の攻略ガイド

更新日:

こちらでは「ハリーポッター:ホグワーツミステリー」の5年目第28章について紹介していきます。

あらすじ レークピックに言われドラゴンに関して多くを学び、万が一遭遇した時のために呪いも教わった。一緒に学んできたメルーラだがここにきて関係がおかしくなる。

5年目 - 第28章:攻略

出現条件 5年目第27章をクリア
クリア目安 2日半
クールタイム時間 5時間×1
クリア報酬 250コイン,2000経験値

①メルーラと会う

ホッグズ・ヘッドにいるメルーラの元へ向かう。ホグワーツで2人で会っているのを見られたくなかったらしい。メルーラが主人公に会いたかった理由は、呪いの部屋に一度も入ったことがないために、どのようなこよを予期しないといけないか聞くためだった。会話後「メルーラに計画を売り込む」が開始できるようになる。

Q.  ホッグズ・ヘッドにどれだけ頻繁に来てるのよ?

頻繁に来すぎ 知識+5
もっと頻繁に来たい
始めてきた

Q.  だから、どうだって言うのよ?

メルーラをからかう
メルーラを元気づける
共感23以上
共感+10

メルーラを訓練するために、まずは呪われた廊下に向かうことにした。

 

②メルーラと探索する

メルーラと一緒に呪われた廊下に向かう。廊下では隠された部屋の入口がある可能性があるため、一緒に探すことにした。会話後「呪われた廊下を調べる」が開始できるようになる。

捜索したが、結局入り口は見つからなかった。するとメルーラは呪われた部屋に入る心の準備をもっと手伝うよういい、訓練をしてほしいと頼まれる。そこで主人公はうってつけの訓練相手を思い出す。

 

③獣と決闘する

ティエゴとメルーラと一緒に森の一部に広がる林に向かう。そこでトルヴスが待っておりドラゴンとの闘いに備えて、決闘の訓練の相手をしてほしいと頼む。メルーラはそれを聞いてケンタウルスとの決闘の手本を見せて欲しいと頼まれる。会話後「ケンタウルスと決闘する」が開始できるようになる。

勝利すると、続けてメルーラが戦う。メルーラとトルヴスの決闘後、トルヴスはバラバラで戦うよりみんなで一緒に戦った方が強くなれると教えてくれる。

Q.  だから、友人を連れてきたのか

うん、友達の手助けが必要だから
友達じゃない
ディエゴは友達だけどメルーラは違う
勇気23以上
勇気+10

次は技術を磨くための訓練だ。

 

④呪文を練習する

訓練場に向かい呪文の練習をする。ビルに協力してもらい、呪文コンテストを2人で行い、ビルに採点してもらうことにした。会話後「親善コンテスト」が開始できるようになる。

呪文コンテストの結果は引き分けに終わり、納得のいかないメルーラ。しかしメルーラは訓練に満足したようで、次は主人公のための訓練をしてくれるようだ。

Q.  どうなっているんだ?呪い破りの見習いの集会を1つすっぽかしたのかな?

メルーラの弱さについて黙っておく
共感23以上
共感+10
メルーラの弱さについて教える

Q.  でも、あんたの訓練はもうおしまい。今度は私があんたを訓練するわ…

やった! 知識+5
まさか!

 

⑤メルーラから学ぶ

クールタイム:5時間

メルーラと一緒に闇の魔術に対する防衛術の教室に向かう。どうやらメルーラはレークピックに呪いの部屋に入るのを怖がっていることを知られないように、主人公に訓練をしてもらいたかったらしい。次はメルーラが訓練してくる番とのこと。メルーラは死の呪いを教えてくれるといったが、主人公は拒否する。会話後「呪いについて話会う」が開始できるようになる。

死の呪い以外の呪文を教えてくれることになり、悪魔の日の唱え方を教えてくれることになる。メルーラが試しに唱えると、呪文は失敗し火が消えなくなる。そこへレークピックが現れ火を消してくれる。もう少し準備をするよう言われ、大広間に向かうことになる。

Q.  死の呪いを習いたくないなら、別の攻撃呪文を教えることもできるけど、そっちはどうなのよ?

教えてほしい
知識23以上
知識+10
悪いけど今は無理

 

⑥メルーラから学ぶ

大広間のメルーラの席に向かう。メルーラの信教の変化を察知した主人公はメルーラの思っていることをもっと教えてほしいと頼むと断られるが、信用してほしいと強くお願いする。会話後「メルーラと友情を深める」が開始できるようになる。

終了後、メルーラは主人公を信頼してくれたのか、両親のことを話してくれる。そして、何とかして呪いを一緒に破ることを約束する。

これにて5年目28章は終了となります。

 

必須授業

分かり次第、反映していきます。

-ホグワーツミステリー

Copyright© Wizards Press , 2019 All Rights Reserved.